キャバ嬢のルール

キャバ嬢としてやってはいけない暗黙のルール

お店から明確に禁止されているわけではないものの、キャバ嬢の中で暗黙のルールとなっているものもいくつかあります。 知っておかないとトラブルになってしまうこともあります。
しっかりと覚えておきましょう。

他キャストのお客さんに手を出さない
キャバ嬢がトラブルになる理由の第一位といっても過言ではありません。
言い換えれば、ここをきちんと守って働けば、ほかのキャバ嬢とも円滑な人間関係を築けるということです。他のキャストのお客さんに一度でも手を出してしまうと、そのキャバ嬢とのトラブルは絶対に避けられません。
何より、噂が広がってそのお店に居づらくなってしまいます。ほかのお店に移るにしても、キャバ嬢の世界は横のつながりもあるため、「他のキャストのお客さんに手を出すようなキャバ嬢」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

関連記事一覧